自費診療のメリット・デメリット

自費診療と保険診療の違い

保険診療

保険診療

同じ疾患で同じ治療方針であれば、どの歯科医院で治療してもおおむね同じ料金で治療を受けられ、 材料もほとんど違いがありません。
あくまで基本的な治療といいましたが、保険でも同じ症例でもいくつかの治療方法、 また材料の選択ができます。ある程度の審美治療も保険で可能なのです、 あなたの体なのだからどんな材料でどのような方法なのかよく相談して治療を受けることが大切です。

自費診療

自費診療とは、高額な治療というイメージが強いようですが、 歯の強度やかみ合わせのバランスを考えて精密に作製するため、最も歯を大切にし、 最も再治療の少ない方法で治療が行えます。
"快適に噛める"ようにすることを目的としているので、より高い技術力が要求されます。
料金は保険適用がされないので高くはなりますが、対価に応じた快適な噛み心地と審美性を実現することが出来ます。

自費診療のメリット・デメリット

  保険診療 自由診療
耐久性
審美性
金属アレルギーに対して
費用(安さ)

自費診療と保険診療の比較

左は、保険診療の金属のクラウン、右は自由診療のセラミッククラウンです。
金属の場合、歯肉が黒ずんで見えたり、素材によっては金属アレルギーを起こす場合もあります。

メタル

セラミック