インプラントとは

インプラントとは

インプラントとは

インプラント治療とは、歯の抜けてしまったところにインプラント(人工歯根)を植え込んで、 人工の歯冠を取り付ける治療です。 顎の骨とインプラント(人工歯根)を結合させた後に人工の歯を装着するので、 自然歯と同じように物を噛むことができます。
これは、インプラントが生体との親和性が高い“チタン”という金属で作られていることによるためです。 この“チタン”が顎の骨と結合することによって“根(歯根)”の役割を果たします。

インプラントの性質と安全性

一般的にインプラントの素材にはチタンが使われます。 チタンは、 歯科分野のみならず整形外科の分野でも人工関節や骨の固定などに使われ、 人体にとって安全な素材として知られます。 人間の骨や歯ぐきの粘膜と結合しやすく毒性がないことが特徴です。